季節の変わり目は、注意を!!

  • 2020.09.28 Monday
  • 12:17

こんにちは。

あすなろの窪田です。

 

めちゃくちゃ暑かった日々から朝晩がヒンヤリとなり、

身体の慣れない事が続くと共に、ストレスが増える時

期でもあるそうです。今月と来月とで「ストレス」に

関して書いていきたいと思います。

 

ストレスとは何なのか?

 

医学的に言うと「何らかの刺激が身体に加えられた結

果、身体が示した歪みや変調」の事を言います。そし

て、その原因となる刺激の事を、ストレッサーと言い

ます。ゴムボールを指で押すと、ボールは歪んだ状態

になります。これが「ストレス」です。そして、押し

ている指が「ストレッサー」と言う事になります。指

を離せば、ボールは元の丸い形に戻ります。しかし、

いつも抑えつけていたら歪んだままです。身体にも同

じ事が言えるのです。

 

ストレス種類

 

1、物理的ストレッサー・・・高温や低温による刺激、

              放射線や騒音による刺

              激など。

2、科学的ストレッサー・・・酸素の欠乏・過剰、薬

              害、栄養不足など。

3、生物的ストレッサー・・・病原菌の侵入など。

4、精神的ストレッサー・・・人間関係トラブル、精

              神的な苦痛、怒り・不

              安・憎しみ・緊張など。

 

ストレスのレベル

(三段階で悪化します)

 

第一段階

 身体の状態・・・警告期(ほとんどの人は自覚がない)

         ストレス状況が軽く、ストレスを受

         けていると感じていない。しかし、

         身体は密かに危険信号を発している。

 症状・・・疲れる。ちょっと体調が悪い。血圧が上がっ

      たり下がったりする。イライラする。肩が

      こる。ミスが多くなる。物忘れが多くなる。

 対処法・・・話しを聞いてもらったり、休養をとる。

 

第二段階

 身体の状態・・・抵抗期(ストレスに負けないと無理

         をする)ストレスに対して心と身体

         が反発する時期。ストレスを受けて

         いると分かってはいるが、何とかそ

         れに負けないよう更に無理をしてし

         まう。

 症状・・・仕事を抱え込み、夢中で休まなくなる。胃

      が痛む。心臓がドキドキする。血圧が本格

      的に変調を来たす。血糖値が高くなる。

 対処法・・・新たな目標や関心を見つけ、生活の活性

       化を心掛ける。

 

第三段階

 身体の状態・・・疲憊期(疲れきって本格的な病気に

         移行する)心も身体も燃料が空にな

         ったように踏ん張りがきかなくなり、

         自分の力ではどうにもならなくなっ

         てしまう。

 症状・・・集中力がなく、物忘れが非常に多くなる。

      何事にも億劫で何もする気がしない。睡眠

      障害。食欲不振。不安。罪悪感。体重減少。

      ストレス性胃腸炎。糖尿病。高血圧。狭心

      症。偏頭痛。うつ病。

 対処法・・・専門医による医学的な治療が必要になる。

 

この続きは、来月に。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM